ネイルの特徴

しっかり揉んでいく

自分の爪について知っておくこと

爪には人それぞれの特徴があります。特徴にしっかりとあった塗り方をすることで、ネイルを長持ちさせることが可能となります。ちょっとした工夫を施すことによっても持ちは格段に良くなるので、工夫は非常に大切なこととなります。 まず、ネイルをする前には必ずやすりをかけておくと良いです。これは見た目の出来栄えにも影響してきます。おうとつが少しでもあると塗りづらくなりますし、すぐに剥がれてしまいます。なので、やすりは必ずかけておくことが大切です。 最近は、ラップを用いたネイルの塗り方も注目されています。ネイルを塗ったばかりの爪にラップを当てて、あえてムラをつくることで作るデザインがあります。乾いたらトップコートを塗ることで、新たなデザインが完成します。

客のための様々な取り組み

ネイルをする際には、衛生的な面についても注意することが大切です。今、どこのネイルサロンも衛生や安全の強化に向けて、様々な取り組みを行っています。客が自宅でもできる工夫もあるので、そういった知識についても教えるようになっています。 取り組みの内容としては、ネイリストが客にネイルを施す前には、必ずアルコール消毒をして常に清潔な状態にしておくというものがあります。ネイリストだけでなく客の手も消毒することにより、更なる安全性が期待されます。 また、湿度によっても菌は増加することがあります。そのため、店舗内の湿度を常に調整しているところも多いです。室温も季節に合わせて適正な温度にすることで、客がリラックスできる環境を提供しています。